Smiley Moments

Tokyo - LA - Next...Korea?

ハリウッドに、コロナの打撃は続く。。。

LAのハリウッド周辺には、数々の有名ダンススタジオがある。
ジャズファンク、ヒップホップなどのコマーシャルダンスと呼ばれるジャンルがメインで、世界中から様々なダンサーが集まる。

EDGE Performing Arts Centerは、ジャズやコンテンポラリーなどをメインにする、たくさんのダンサーに愛され、28年も続くスタジオ。
有名シンガーのバックダンサーやってる若手の講師から、マイケルジャクソンのアシスタントをしていたなどの大御所の先生もレギュラーに教えてる。
オーディションで選抜されたダンサー養成のスカラシッププログラムは有名で、多くの有名ダンサーを輩出してきた。
光がたくさん入ってくる、明るいスタジオは、スタッフもフレンドリーだと評判。

夏には、いつもインテンシブをやって、特別講師を招いたりと賑やか。

私がLAにはじめて来た8年前に行ったスタジオで、たくさんクラス受けて、友達も多く作った場所で思い出たくさん。
ロックダウン前に受けた最後のクラスもここだった。

しかしながら、EDGEは大きな撮影スタジオ"Television Center"の一部で、その不動産が全て今月の頭に売却
そしてEDGEは退去を言い渡され、扉をとざる終えなくなったよう。
まさかの、それも今週末で。

買収額は64ミリオン、おおよそ65億円で、コロナ収束後を見込んでの投資での売却。
EDGEは、West Hollywoodのパラマウントスタジオの近く。
外でれば、ハリウッドサインが見れた。

f:id:lavinla:20200816004558j:plain

近年増える、ストリーミングサービスのNetflixなどのメディアやテクノロジー系の会社に人気が高まっているエリアだったとか。

前触れもなくの発表だったからとても残念。
LAのダンスコミュニテーに大きな損失だと思う。

ここ最近、本当に不動産の猛威が目に見えて感じてる。
例えば、
スリラーやグリースのリハーサルにも使われたDebbi Reynold's Legacy Studios
新しいオーナーになり、歴史あるこのスタジオの取り壊しを決定し、去年、立ち退きとなった。
シルバーレイクにある、Siaの振り付け家がするThe Sweat Spotもコンドミニアムを建設するために今月で完全に立ち退いた。


現在、室内のクラスが禁止のため、ダンススタジオは、オンラインクラスを開催。
あるダンススタジオは、パーキングロットを使ってクラスをし始めた。
なんとか経営をしているけれど、どれだけ持つのか謎なところ。
すでにLAにある大手のジムが破産申請してたり、小さなヨガスタジオは潰れていってるし。


調べてみたら、8月の不動産の勢いは戻ってきたみたい。
過去にないくらい低い金利になっている現在。
家を買えるチャンスととる人や、リモートでの仕事が増えると見越した人が検討したりもしてるとか。


そして、アメリカでの大きな撮影がなかなか再開できない現在、仕事が少ない。
以前紹介したように、ユニオン(労働組合)が大きな存在のアメリカは、芸術分野でも大切。

しかし、俳優が所属するSAG-AFTRA は来年1月からの健康保険に対して大きな変更を発表し、議論を醸してる。
簡単に記事を、まとめると

  • 保険料が、2倍くらいに上がる。
  • 保険に適応されるには、$25,950以上の収入がなければならない。(12ヶ月以内) 
  • 自費治療の上限がなくなる。
  • リタイヤした俳優、再放送から得る収入は保険適用の収入とみなさない。
  • 保険会社の契約してない医療機関の支払いサポートなし。

3月のロックダウンから、まともに仕事がない俳優。
始まったとしても、キャストの人数を減らすのは明らかだし、第一、LAでの撮影がほとんど始まらない。
パンデミックの中、約260万を俳優業だけで稼ぐのは、不可能な人が多発する。
ユニオンは、労働者を守る為なのに、反対の方向に走っている。

 

f:id:lavinla:20200816004623p:plain反対に、海外で撮影は再開している。
例えば、ジュラシックパークの撮影をニュージーランドで先月再開。(参考)

ユニバーサルは、数多くの撮影中止の作品の中、キャストもエキストラの人数が少なく、本物のセットが必要な、ジュラシックパークを選んだとか。

撮影チームはNZに到着して14日間のホテル住まい、
1週間に3回のテスト、
スタジオを2つに大きく分けるセットアップの変更、
150を超えるサニタイザーブースなど。
コロナ対策のために、合計9ミリオンドル、10億円近く追加のコストとなってる。

そこまでして価値があるのかって思ったけれど、コロナが収まった時は新作が減ることで競争が減り、プラスの方が大きかったのかもね。



たくさんのビジネスが破産をファイルするパンデミックの中であっても、投資をする会社、家を買う人。。。
先が見えないだけに、ギャンブルなことをしたくない私だけれど、大きな企業や、すでに安定したハイクラスの人たちは有利な場所にいるんだろうなって。
資本主義が良くても、貧困層は人種差別からできてたりもするし。。。
だからと言って、社会主義な社会を目指して欲しいとは思わないけれど。。。
むむむってなってしまう私笑

先を見越した行動や新開発は大切だとも思う。
でも同時に、人の愛と共に築かれたコミュニティーに打撃を与える。
そして、コロナがより、ネガティブな方向に拍車をかけていて、心苦しい。

友達にテキストしてたら、
"It's time for change and move on"
ってドライに受け止めてて笑
転職多かったり、引っ越すことも多いアメリカ人は、私より立ち直り早いのかもhaha

https://media.giphy.com/media/AauJT0w8cJoSQ/giphy.gif

では、また!

読者登録、いいね、コメントなどしていただけると、嬉しいです☆
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ