Smiley Moments

Tokyo - LA - Korea

Ph.D. 受験が始まりました。

皆様、お久しぶりです。

数週間前にアメリカから帰ってきて、韓国の米軍基地での生活がまた始まっています。

それにしても暑いです。。。

https://media.giphy.com/media/ToMjGppLes0ENI5osCc/giphy.gif

色々書こうって思う日が続いていたのですが、なかなかモチベアップが出来ずにあっという間に1ヶ月以上前の記事から経ってしまいました。

 

とりあえず、近況報告から始めるとすると、
LAを4th of Julyが終わった後に、
J氏の実家のコネチカットにお邪魔して、
甥っ子に会ったり、Yale大学のあるNew Heavenにピザを食べにいきました。

Green Card (永住権)は鬼のような速さで到着したのに、
SSN という、日本で言うところのマイナンバーカードはずーーーと届かず... 
普通ならSSNがすぐに届いてGCが届かないとみんな嘆くのにw 

オフィスに行く必要がないけど、電話してとwebsiteに書いてあるのに、
電話したら個人情報に電話ではアクセスしなと言われ、
仕方なく義母にドライブしてもらって、オフィスに。

なぜにか、インタビューをまた受けて、2週間以内に届くと言われるが、
2週間経っても届かないので、また電話する。
そして私のケースは保留で放置されていたw 

https://media.giphy.com/media/JSueytO5O29yM/giphy.gif

私は新規発行ではなかったケースだから面倒だったみたい。
以前、学生の時にOPTをしていたためSSNをすでに持っていたのですが、
カードに"就労許可があるときのみ"って書かれていたんです。

それがGCを持つとなくなるので、新たなカードを貰わなきゃいけなくて、
でも番号が変わるのか、変わらないのか以前担当したスタッフが分からなくて、
放置したみたい(さすがアメリカ。) 

担当したオフィスに電話したら、担当者がとても優しく対応してくれて、
今日中に問題を解決させるねって言ってくれて、
無事に1週間たった一昨日、到着しました。

 

さて本題のPh.D.について、記録がてら色々書いていこうかと。

まず、先週までの2ヶ月、GREという大学院受験の共通テストに向けて勉強していました。

テストは主に3ブロックに別れていて
1. 2種類のエッセイ 
2. 数学 (高校レベルくらい)
3. 文章/語彙問題

合計、4時間くらいかかる長丁場のテストなんです。
しかしながら、ここ数年、さまざまな大学がGREの提出を聞いてこなくなっています。
私が見る限り、特に日本語で言う文系には。

理由としては、
テストの傾向理解したり、暗記がうまかったりすれば、良い点数が取れる。
逆に言えば、時間が仕事や個人的な活動に忙しい人は、勉強に十分に時間が取れず不利。
また、長丁場の統一テストに苦手な人もいる。
瞬時に二つのエッセイを書けたり、
GREに出てくる単語が知っていても、
リサーチ/論文構成は直接関係していると言い切れない。
特に、文系に高校数学はあまり関係していない。

2ヶ月色々と試行錯誤しながら勉強してて、
数学はそこそこ解けるようになったし、
エッセイも毎日書くようにして、
単語も新たに1000語ぐらい覚えた。
でもやっぱり、模試を受けると、数学以外の点数が思うように上がらない〜。
そして、私の搾った志望校は全部GREを求めてこない〜〜〜。

って言うことで、
試験をキャンセルすれば半額返ってくるし、
慣れない長時間の試験を韓国の行ったことのない大学で受けるのは精神的に辛いってことで、
受けるのやめましたw 

 

じゃあ、Ph.D.受験、何を準備でしてるんだってなると思うんですが、
学校・プログラム・アドバイザー探しに案外時間がかかります。

私はMediaとGender study が研究テーマ。

考慮に入れてるのが
・教授の研究内容、出版・発表経歴
・プログラムに組み込まれた授業の内容
・給料と生活費の支援 (博士は助手をしたりして、基本的に給料をもらいながら行きます_
・立地 (大学以外に研究や学会、ネットワークで移動しやすいか、治安が悪くないか) 
・ライブラリーの大きさと貯蔵の量
・現役生の研究興味や卒業生の就職先

いいと思ったアドバイザー(博士)の研究を実際読んでみると、
目指すテーマからちょっと路線から違ったり、
最近は全然出版してなかったり。

いいなぁ〜って思う学校でも
生活支援がこれはさすがに無理って思う金額だったり、
1人しか興味あるアドバイザーがいなかったり(教授が辞める/リタイアする可能性もあるから、代わりのアドバイザーになれる可能性がある人がいたほうがいい、年配の方は避けた方が良い)。

出す人は8〜10校くらい出すみたいだけれど、
大体博士でみんな出すのは、4〜6校が妥当みたい。
今のところ、私は4校に出そうと思い、
各校の教授にメールで研究に興味あります!って連絡とり始めています。
まぁ、全然返信が返ってこないんですがね(返信こないって言うのは、よく言われていて、でもメールしなさいっって感じなんですw)。

私の目指している大学の合格率は
ちょー難関校で5%、
そこそこ難関校であっても15~18%と言う、
結構シビアな世界です。

 

アメリカの場合、博士号は基本的に学校側が支援するので、
逆に言えば、多くの人数が取れません。
年々、博士号のプログラム枠が狭くなって、
合格率もどんどん低くなっているそう(分野にもよりますが)。

 

これから11月と12月の締め切りまでにやることは、
各校に出すエッセイ、リザメ、論文のサンプルを用意することです。

エッセイは、
教授、プログラム、学校のカラーに合わせて書かなくてはいけないので、
提出校が4校であってもリサーチを綿密にして、書くには時間がかかりますね。

 

そんなこんなで、
基本的には主婦、ちょっとオンラインで英語のコーチ、そして本を読みまくっているって言う毎日なので本当に気が滅入っています。

 

ロサンゼルスで美味しいものたくさん食べたのが恋しい。

 

 

田舎なんで本当に美味しいものがない!!!
都会育ちのわたしには、拷問な毎日です😔

 

韓国はすっごく暑くて、蒸しています。
曇っているので、湿度が余計高くなるのかな?

 

みなさんもお気をつけて!

https://media.giphy.com/media/t9a6LmM1rTe3S/giphy.gif

 

JHU 卒業しました!

バタバタしていて、更新することができずにいて、
あっという間に1ヶ月以上経ってしまったのですが。。。

Johns Hopkins University の修士課程を修了しました!

今日は記録に、
Baltimoreという、首都のDCから車で1時間ぐらいのところにある
Johns Hopkins University の本キャンパスでの卒業式を振り返ろうかなって。

 

私はというと、韓国からコネチカットにある夫の実家に数日前からお邪魔していて、
J氏が車でBaltimoreまで5時間くらい運転してくれました。

途中のサービスエリアが結構充実していたことにびっくり!
新しいカフェやコンビニがあって、
まぁ、割高ではありますが、エンジョイしました笑

前日入りして、近くのホテルに滞在。
当日のお昼は、
DCにて某ニュースメディアの編集長をするというキャリアマンのJ氏のお兄さんが会いにきてくれました。

 

卒業式自体は夕方のため、
早めにJHUのキャンパスに行って写真撮影とか散策をすることに。

しかし、5月なのにすでに暑いこと!!!
湿気が多いので、じわってくる感じです。

キャンパスは、思ったより小さかった印象ですが、
レンガの歴史ある建物がたくさん。

メインのところで、写真を取るってずっと夢見てたので、
少し並んで、J氏と母と写真を交代に取ってもらいました。

ブックストアにその後歩いて行って、
JHUのオリジナルグッツを色々と購入。

マグネットが本当は欲しかったけれど、
欲しいのがなかったらか、帽子や、小さいマスコットを買って満足。

それから、母とJ氏にまたねーって言って、
体育館みたいなところで、ほぼ2時間くらい人が集まるのをまつ。
室内だったので、立って待ってたけれど助かった笑
一方、母とJ氏は西日がすごい当たるけれど、良いポジションを校庭で確保。

時間になったらみんなで入場〜〜〜。

わぁあああこんな光景見たかったんだ、実際に体験したかったんだって。
感無量。

席に座って、いろんな人のスピーチ聞いて、
その後、名前が1人ずつ呼ばれます。
ほとんど流作業で、ステージ歩いて学長から1人ずつ紙が渡されます。

あ、アメリカの大学は基本的に卒業式にみんな卒業証書をもらえないんです!
授業が終わって数日後のこともあり、
学位が確定してないんですよw 

なので、当日渡されるものは、
"Congulaturation! ソーシャルメディア、フォローしてね!”
って書いてあるもの🤣

でも、何が大事かって、
ステージを歩いて、自分が修了したんだって楽しむ、誇りに思うことなんだろうなって。

まぁ、数秒しかステージに居られな居んですが、
もう、この光景を学士を始めた7年くらい前から見てたので、
いろんな気持ちが込み上げてきました。
(何度も言っていますが...学士の時、ずーっと楽しみにしていた卒業式はコロナでおちゃらで、
2年越しのさらに楽しみにしていた卒業式) 

 

それも、母と夫という、
大切な人に生で見届けてもらえたのは、とても嬉しいです。

セレモニーの後は、アフターパーティーがあったのですが、
もう9pm回っていたので、ホテルに帰ってきて。

卒業のガウンを着て、パーキングからホテルに歩いていたら、
車乗ってる人が
"CONGULATULATIONNNNN!!!" って叫んでくれたり、
ホテルで、他の卒業生にあって、
おめでとぅうう、って言い合ったり。

なんだか、寝るまで熱が冷めない1日でした。

ホテルのロビーにあるレストランで、
泊まっていた数日は毎日朝と夜を食べていたんですが、
まぁすごくどれも美味しくて。

特にシュリンプラップが気に入って、
毎回オーダーしてました笑

 

卒業式の翌日に、J氏は仕事に戻るために、また韓国の米軍に戻って行きました。
母と私は、一日Baltimoreでのんびりして、
市内にある、JHUの歴史的な図書館に行ってみたりしてから、
翌日の朝5時の飛行機に乗って、LAに飛びました。

現在、LAにまだいるのですが、いろんな近況報告は次に。

 

まぁ、
あっという間に終わってしまった修士号。
JHUという、世界トップの大学からもらえるなんて考えてもいませんでした。

しかし、やはりクラスの求められるレベルは
学士の州立校と大違いで、あたふたしたことも、悔し涙を流したこともたくさんありました。
でも、教授がみんな一生懸命に生徒をサポートしてくれて、
興味と強みを引き伸ばしてくれた印象。

私なんか、学会発表なんてするとも思わなかったし、
Fellowshipという、研究費をいただけるとも考えることすら
このプログラムを始める前はありませんでした。

Critical thinkingをたくさんの知識をつなげて応用して、
そして、自分のクリエイティブな意見を書きながら、発見をしていく。

すごく、人生で大切な財産となりました。
教育資金をくれた祖母、
愚痴もたくさん聞いてくれながら、頑張れーーて見守ってくれた母、
いろんなアカデミックに関しての応援をしてくださった叔母様、
そしてギブアップと何回もいう私の背中をとにかく押し続けたJ氏🤣

自由にやりたいことを続けられる、
こんなにも恵まれた環境にいた私。

次は、PhDを目指して、もっと成果を出して、
give back をして行きたいと思います。

 

では、最後に JHUのスローガン。
#GoHop ! 

 

 

鬼の最終学期

今学期、本当に授業が大変でした。

まぁ、授業選択が悪かったからかもしれないんですが。。。

1つめは、歴史学についての授業。
何かの歴史を学ぶんじゃなくて、歴史の歴史を学ぶ授業。

1週間に2冊ぐらいの勢いでリーディングがあって、
それに伴ったエッセイを毎週書き、ディスカッションするという。
ま、これだけでも相当な時間を食うやつ。

MidtermとFinalだけで、
20枚のエッセイを二つ書いたw 

ファイナルプロジェクトは、
自分の好きなお題を選んで、それの歴史の歴史を研究する的な。
ある生徒は、LGBTQ+ communityの1960年代がどう時代によって書き変わっていったかとか、
あるいは、この場所の歴史はどう書き変わっていったかなど。

私は、2ヶ月やりたいテーマが見つからなくて、
うやむやリサーチ始めたんですが、
結局辿り着いたのが、ディズニーアニメーションスタジオの歴史。
これが案外面白くて。

簡単に言えば、
1980年代に書かれたディズニーアニメーションの歴史と
最近書かれたものでは、歴史は歴史でも書き方やフォーカスとかすごく違う。

ディズニーの歴史の本を12冊読んで、ファイナルペーパーを書きました。
まぁよく読んだな私。
好きなテーマだから、読んでけるのもあるけれど。

Walt Disneyの自伝も3冊ほど読んで、
とある本は合計900ページもある大作で、
春休みに2日間ぶっとうしで読み続けました。

現在は、ほとんどの本がデジタル化されているので、
手軽にいろんな本にパソコンからアクセスできるのは良いものです。

断然、デジタルのほうがスキミングも、
リサーチに使うのにもすごく便利。

個人的な趣味で読みたいときは、やっぱり紙の本がいいですがね。

 

2つ目の授業はもう何度辞めようかと思ったことか。。。
現代黒人政治思想について(Modern black political thought)。

これね、全学期で、黒人の歴史についてかじったから、行けるかと思ったんですが、
ちょおおおおおおおおおおおお
難しかった。

まず、奴隷制度、植民地制度、アメリカの建国、キリスト教、第一次、第二次世界大戦などの
バックグラウンドがないと本当にやってけない。

そして、すごくニュアンスのある、
ネイティブでも、丸一日読み解くにかかるとく、エッセイ読んだり、
膨大な量の哲学と政治思考が混ざったリーディング。
W.E.B. Du Bois
Martin Luther King Jr. 
Frantz Fanon 
James Baldwin 
Ida B. Wells 
などなどなど。

それに加えて、
教授の超、長い隔週のディスカッション問題。

本当に泣きまくりました。

読めるのに、理解できない。
なぜここにこれがくるのか。
J氏にたくさん助けてもらって、なんとか乗り切りましたが。。。

だってネイティブの教授だって、
"このエッセイはすっごい難しくて、一つのパラグラフだけで、軽く1時間読み解くのにかかるけれど、
そんな時間はないから、メインのテーマにフォーカスしまーす”
って言うくらいのだったしw 

Final では James Baldwin の To Be Baptized という80ページくらいの短いエッセイの、
3ページほどくらいにフォーカスを置いて、
たくさんの思想家と照らし合わせて、論文を書き終えました。

いやぁ、3行を読み砕くのに10分ぐらいかかったとこもあったり。
本当に、涙涙のクラスでした。

 

そして最後は、Capstone Project 
いわゆる、修士論文のクラス。

最低25ページという決まりだったので、結構緩めなのですが、
私は結局50ページほどの人生で一番大きな論文となりました。

カテゴリーはメディア/文化研究。

テーマとしては、
ディズニーが偏ったリベラル思想を
どう人間の身体を巧みに操って、正当化させているかっていうような感じ。

いやぁ、日本語で書いてみると本当に訳がわからない内容w 

興味ある方は、論文送るんで連絡ください😅

 

今学期は、J氏に沢山添削を頼みました。
秀才なJ氏に、ぶった斬られまくりながら、
ライティングも少しずつ改善しながら、磨きを上げられました。

結果は、全部のクラスでAを貰えて、無事卒業できると。
晴れて、Class of 2022 として、明後日、ステージを歩いてきます!

とっても楽しみで仕方がないです!

色々、当日の様子はまた報告しますね!

ではまた!