Smiley Moments

Tokyo - LA - Next...Korea?

休憩かな。

ここ数週間とっても気分が落ち着かなく、
メンタルが悪化しております。

うつは、24時間365日あるものなんで、
どうバランスを取るかなんですがね。


好きなバレエしていても、買い物行っても、
ずっと考え事しいて。

睡眠も5時間程度なのに、夢の中ですら宿題に取り組んでいてw 

f:id:lavinla:20210929093007j:plain

 

J氏の事も、韓国のこともあるのですが
そのほかプライベートのことでも様々積み重なっている状況。

話したい相手がいない。
渡航近いし、カウンセリングにも数回しか通えないであろう状態なので、
行く価値を見いだせない。

 

少し、更新がおこたるかと思います。

なので、feel goodな名曲をどうぞ笑↓

 

Dear Evan Hansen からの名曲。

Suicideやdepression をテーマとしたミュージカル。
Ben Plattによる、この曲はほんとに響く。

下にザザっと歌詞を日本語にしてみたので、動画で聴きながらどうぞw 

 You Will Be Found 
Have you ever felt like nobody was there? 
Have you ever felt forgotten in the middle of nowhere?
Have you ever felt like you could disappear?
Like you could fall, and no one would hear?

誰もいないように感じたことない?
どっかで忘れられたっ
消えてしまいたいって

倒れても、誰も気づかない感じ。

Well, let that lonely feeling wash away
Maybe there's a reason to believe you'll be okay
'Cause when you don't feel strong enough to stand
You can reach, reach out your hand

孤独な気分は流しちゃおう。
君が大丈夫だって信じる理由がはず。
立てないほど弱っても、
手を伸ばすことができる。

And oh, someone will coming running
And I know, they'll take you home

誰かが走って来ている。
あのね、彼らが君を家に連れて帰ってくれるよ。

Even when the dark comes crashing through
When you need a friend to carry you
And when you’re broken on the ground
You Will Be Found

暗闇にぶつかった時ですら、
君を運んでくれる友達が必要で、
君が地面でバラバラに崩れていても
誰かが君を見つけてくれる。

So let the sun come streaming in
'Cause you'll reach up and you'll rise again
Lift your head and look around

陽を差しこませて。
だって、君は手を伸ばして、立ち上がるから。
顔を上げて、まわりを見渡して。

映画がもうすぐ公開させるので、楽しみです。
あらすじは以前書いたのでよければ。

 

数年前に生放送ミュージカルで行われたRentから
知らない人がいないレベルの名曲
Seasons of love 

LAで撮影されたので、私の顔見知りとか友達がちらほら... 

 

そして、一昨日、CMを院のプロジェクトで大量に検索していたら久々にFKA twingsの曲を聴いて。

LAにいる大好きなダンスのクラスで、
大好きなコミュニティーで、
踊ったこの曲がすごく懐かしくて。

LAはフル稼働に戻りつつあり、
新たなモードの生活を作って行っているよう。
それに比べて、ダンスすらできなくなる韓国に行くのかーって。
過去の実績にも存在価値も感じられない。

では、また!

アメリカ院生、夏の総まとめ。

最近は勉強に追われてるのですが、
兄の赤ちゃんが家を訪ねてきました。
が、はっきり言って Uncomfortableでした。

乳飲児を一回も会ったことにないし抱いたこともない私。
赤ちゃんが泣き始めた時に、姉からパスされて、
周りは泣くーって言ってるし、
母上が、こうすればと言ってくるけれど、
抱き方レクチャー0で何をしろと言われてもわからんし。

あ、
もう無理って思った次第でした。

https://media.giphy.com/media/l2SfshvHQ42MCHqI7F/giphy.gif

この記事に書いたように、
新たな家族を持つことにとって結構私はセンシティブに感じていました。
鬱の人の脳内構造って誰にもわからないから
これ読んで、何言ってんのこの人、クレイジーって思われてもしょうがないけれど、
とにかく、精神的に労力が必要だったのに、こんなturn outで
もう当分赤ちゃん抱きたくない、むしろ将来子供いらないかなって。

兄上からは、今さら誕生日/結婚祝いで箸のセット。
女性はいっつも赤の商品っていう概念が特に嫌。

最近、
日本での治療報告書みたいなの追加で欲しいと米軍の方から言われてて、
医者の兄に聞いたら、昔の手術のしたとこいけと。
私の家から2時間くらいしたところで、
手術してくれた主治医はとっくのとーに退職。
調べたら、報告書もらうにすら3週間くらいかかるとかで(私の個人情報なのにね)。

もういいいいいいーーー

https://media.giphy.com/media/l0Ex6JxsaEp5w1wc0/giphy.gif

いっそもう、側弯であること書いたのが間違いだったなって感じました。
なんでしょね。
軍ではたらい回しにされる上に、
日本では、欲しいものが簡単に手に入れられない。
障がいって本当になんですよね。

話は変わってーーー。

夏学期もチャレンジングなクラスだったのですが、
大学院のファイナルペーパーで書いてたことが、
消費社会とディズニープリンセスの身体について。
あ、これちなみに、満点いただいたので、学会発表を目指して提出することとしました!

f:id:lavinla:20210819092525j:plain

フェミニズムのムーブメントにそって、ディズニーは力強い女の子像を現在は描いているけれど、
プリンセスの身体はバービーサイズで、変わってない。
女性の身体をまだモノとして扱っていて、
消費社会の中でそれを美化して、もので手に入れられるモノだと促進している。
っていう内容を色々なジェンダー系で有名な哲学者、Judith Butler をベースにまずは書いていく。
彼女は、ジェンダーはperformative(演じられるもの)、行動でジェンダが構成されていくと提唱。
彼女の哲学書を読むのはちょーーーーむずくて、泣きそうになってた。

知らない人もいないってくらい有名なフランス人の哲学者 Michel Foucault (フーコー)。
パノプティコンっていうのはとても興味深い理論で。
監視される人は実際には特定できないけれど、
逆にその環境が自分自身を監視して、
社会の規律に従順していくっていうこと。

あとは、
個人的に気に入っている、Jean Baudrillard というこれまたフランス人哲学者を持ってきたり。
彼は、ディズニーランドのようなシミュレーションの環境をハイパーリアリティーと呼び、
現実と非現実がわからなくなるという。
例えば、
安いオレンジジュースは、
オレンジがほぼ入っていないし、人工的に作り出された味のオレンジなのに、
それを人は"オレンジ"って考える。
シミュラクラ現象というものに惑わされてるなどなど。

哲学を現社会に適応させて書いていくのはチャレンジでしたが、
とても満足できるペーパーになりました。
根っからのディズニー好きがディズニーをディスっていましたふふふ。

Midtermに書いたペーパー
"エンゲージメントリングは、根にある男尊女卑もアイディアを隠して、消費社会が促進している、美化してる"っていうのは、
プロフェッサーから、
”面白い!すっごく好きだわ〜!”って返信をもらい。

成績は、A+(98-100%)をいただけました!
ま、GPAは4でA(97-94%)と変わらないのですが、見栄えがおしゃれになるし
嬉しいですね!

もう一つのクラスは、
以前も受けた先生で、配点が結構厳しいので、
Aに終わってしましました。

最後に書いたペーパーは、アメリカでのAsian Foodsの構成について。
人種についてのクラスだったので、
歴史的背景、社会的圧力、コロナなど、色々盛り込んで作りました。
これも、一つ学会発表のために提出しました。

 

秋学期が3クラス。
死にそうになってます。

https://media.giphy.com/media/lOpPaqaUwkX5PKywFh/giphy.gif

メディアとジェンダについてのクラスは
慣れている先生だし、一番私の経験の多いクラスなので、そこまでストレスがなし。
でも、油断は禁物。
(すごくコンサバの生徒が、いちゃもんをいちいち付けてきていて白目だったり)。

黒人クィアの歴史は瀕死レベル。
(Queer/クィアは昔は、差別用語でしたが現在は、性的マイノリティーの総称) 
リーディングベースで行われているので、
半端ない読む数が多いのに、歴史書/論文なので時間がかかる。
そして、週ごとのディスカッションの質問がちょーーーーーーむずい。

そして最後は、文系のデータ分析やコンピューティングのクラス。
その名も、Digital Humanities(簡単な解説リンク) って言うんですが、
倫理や歴史を学ぶところから始まり、
莫大な量なリーディングと情報量で脳内がパンク状態。
PhDの生徒がやっていて、
やる気満々なのはいいけれど、
宿題もアサインメントも多くて、ああああああ。

https://media.giphy.com/media/IPbS5R4fSUl5S/giphy.gif

そうだそうだ!
Fellowship を少しだけれど、今学期いただきました!
こういった少し嬉しいことがあると、
やる気になりますね!!!

基本最近は、教えも減らして、机に毎日少なくとも5時間くらいは座って、
読んで、書いて、調べての無限ループです!

 

そうそう!
パラリンピックの閉会式もしっかりチェックしました!
御涙頂戴でなくて、
枠にハマらないで輝いている姿を大切にして
感動を届けてくれた素敵なパフォーマンスでした。
パラの方が、全然多様性を理解していたし、
構成も内容もすごく良かったと。

そして、パリも楽しみにさせてくれるような動画を流していましたね。


では、また!

笑顔にあふれた誕生日

さてさて、先日は私の誕生日で、
幸いにも学校が始まる1週間前であったので
自由に夏休み満喫すると同時にお祝いで色々しました。

まず、お銀座!

f:id:lavinla:20210907201653j:image

初めて、カウンターで懐石料理を食べに行きました!
ちなみに、LAから帰ってくるまでの6年間くらいは基本ベジタリアンだったのですが、
J氏に合わせたり、日本でベジタリアンの食事が見つかりにくかったりで、
今はゆるベジな感じなのですが、
今回のお食事は完全菜食でした!

f:id:lavinla:20210907201820j:image

板前さんが全員女性で、
かっこよく、輝いている方々を前に
美味しい料理を堪能しました!!!
松茸たっぷりだったーーーー。

で、数日後には、姉と品川プリンスホテルに泊まって、
ナイトプール。
LAにいたときはプールがアパートにあったので毎日入れてたけれど、
日本だと、コロナもあるしで、なかなか入る機会がなくて、
じゃあ、泊まりがけで行こうと。
f:id:lavinla:20210907201648j:image

そびえ立つのは、パッケージについてきたフルーツタワー。
パイナップルまるまる一個に、
さまざまなフルーツが刺してあってw 

姉とは夜な夜な飲んで語って、
ま、姉妹の女子会を楽しみました。

そして、誕生日当日は、
AMAN Tokyoアフタヌーンティー。

f:id:lavinla:20210907201804j:image
なんで誕生日プレートが二つあるかというと、
母と一緒の誕生日なんです。
時代を超えた双子なんですw 

いやー、どれもケーキが美味しいこと。
夏祭りをテーマとしていて、
観ても食べても楽しめる、贅沢なひとときでした。

ちなみに、母と誕生日、それも日本で過ごしたのは
おおよそ8年ぶりくらいです!!!

でもって、
J氏からの誕生日プレゼント。

f:id:lavinla:20210907201641p:image

実はJ氏、
勇気を出して母上に、サプライズをしたいとメッセージをFBで送っていて、
本来だったら誕生日前日に着くはずだったという。
でも、宅配が遅れて、J氏も母もあたふた。
頼んだ会社の電話にも繋がらない。
ギフトが届かないから、J氏が私にサプライズを告白w 
もしかしたら、オンライン詐欺疑惑も出ていたのですが、
嬉しくも、アフタヌーンティーから帰ってきた誕生日当日に
佐川のおじさんが届けてくれました!

薔薇と
日本語にするとキザイセリフが書かれたカードをもらい、
笑顔が止りませんでした。(のろけ)

https://media.giphy.com/media/fuHp2yhQ91ceA/giphy.gif

このブログに多く、J氏の愚痴も書いていますが(おいっ),
大切に思ってくれる人がいること、巡り会えたことに本当に感謝です

あ、ちなみに、J氏は
私が元々誕プレでリクエストしていたダイソンの掃除機は韓国で待っているよって言っていましたw
あ、そうそう、
遠距離前に、JHUのパーカーもくれてたんですよね。
プレゼントいらないって言ってるからか、
逆に色々とギフトくれました。

 

沢山のメッセージも友達や親戚の方々からいただき、
私のサポートシステム、見守ってくれてる人が、
自分が思っている以上に大きくて、掛け替えのないものだなって思いました。

https://media.giphy.com/media/VzQ9PUdifClRm/giphy.gif

久しぶりに、1人でない誕生日。
LAだったら、ダンスいって、ビーチ行ってと、好きな事で埋めていたけれど、
こんな風に、人の愛を感じられる誕生日は今までになかったと思います。

日本に帰ってきてよかったなって多分、純粋に思えた瞬間でした。

 

ちなみに、9/4は亡き父の誕生日であり
ディズニーシーの開園日。
ディズニーシーは父が亡くなった年にオープンしたので、
パークが歳を取るだけ、
父の存在を感じて私が進歩を続けてるのだとも感じます。

ディズニーシーが掲げる
Where adventure and imagination set sail 
日本語では、冒険とイマジネーションの海と言われているけれど、
直訳すると、冒険とイマジネーションが航海に出るところ。
海が好きだった父や、そんな人生送ってきたいなって思わせてくれるTDSの存在でした。

5周年の時に流れていた曲。
Sea of dreams. 
とってもお気に入りの曲です。

素直に笑うその時だけ、心の扉が開く。
Sea of dreams, sea of wonder, sea of dreams. 
夢は素直に笑う時にわかるもの

涙は素直に笑うために流すもの

Sea of dreams 
夢は、素直に笑うために描くもの
Sailing free on a sea of dreams

 

Twitterのフォロワーさんが息子さんの命日に、
Zoomが天国ともできたらいいのに
ってツイートしてる方がいて、
そうだなー、
天国まで、私たちの笑顔が伝わってればいいなーって。

あ、ちなみに、母と私は、父の代わりに好きだったというモンブラン食べておきましたw 
父、おめでとう!

 

そして、義父と義母に誕生日カード書きました。
なんていうのか、私の手から口から、FATHER っていうのが出てくるのが不思議です。
ま、書いてもfather in lawですが、慣れてないので異次元な言葉です。

これ、昔流れていた、ディズニーのCM.
40秒程度なのに、心温まるのでぜひ観てみてください!

 

さて、大学院の新学期が始まりました。
3クラス受けていますが、
はっきり言って、死にそうです。

莫大なリーディングの量(1つのクラスにつき、1週間に本が2冊に論文5個と映画1個)
終わらないアサインメントの数、
そして、回答困難な週ごとの難題に挑戦していっています。

うぁーーーーベンキョしてるーーーーーって叫びながら、
仕事とバレエ行ってる以外は
パソコンとお友達です。

また、詳しくは書きますね。

では、また!!!