Smiley Moments

Tokyo - LA - Korea

韓国で迎えた2022年

あけましておめでとうございます!

https://media.giphy.com/media/3HYuGg7vSYGQFxrKDp/giphy.gif

あっという間に、10日になってしまいました。
2021年は2020年+ みたいな、パンデミックの続きという感じで、
2022年があっという間に来てしまった印象。

 

オミクロン株が広まって、韓国の米軍も打撃を受けている最近です。
外食や、ソウルへの移動が禁止されています。。。

今月末には、東海岸に旅行予定で、J氏の両親にも会う予定だったのですが、
色々なリスクを考えてキャンセルになりました。

5月の私の卒業式と一緒に飛べればいいなーって考えています。
飛行機のチケットは、少し良いシートを選んでいたので、
100% eCredit として返金してもらいました。


なんだかんだバタバタしていた、年末年始。

J氏もテレワークが増えたり、外出ができなかったりと、
2人である意味過ごす時間がとてつもなく長かった年末年始。
やはり揉めることもありました。

もう書くのすら面倒なレベルなのですが、
やはり、結婚生活1年目は波乱だっていうのがよくわかるような感じですかね。
デートと婚約期間が短かかっただけあって、
まだ探り探りのところもありますし。

新年の抱負は、
COMMUNICATION って2人で決めました。

先延ばしにしないで、本音を素直に語って、解決策を見つけていこうって。

 

新年は、数人で集まって、J氏が主に作ったBeef Wellingtonを食べました。

f:id:lavinla:20220110075222j:plainf:id:lavinla:20220110075159j:plain

横で、色々手伝っていたのですが、そこそこ美味しくできたので大満足。
ビーフのピンク色はプロな感じでした。

 

年末年始、一番辛かったのは、一切お正月に関わるものがなかったこと。
LAにいた時は、日系スーパーに行けば、お節を初め、
お餅も、飾りも、そばも簡単に変えたのに。。。

仕方なく、韓国スーパーで小豆を買ってきて、炊いてみるものの、
豆がとっても硬くて、あんこを作るのに5時間ほどかかりました。
白玉をMochikoで作って、簡易お餅を楽しみました笑

そんな感じで、インスタで美味しそうなみんなのお節料理を見たりと、寂しい思いをしていた正月。
2日になって、基地のスーパーでようやく蕎麦を見つけました!

二日酔いだったので、シンプルに焼き野菜をのっけた年越しちゃった蕎麦。
J氏もパクパク食べてくれた卵焼きと南瓜の煮物を食べました。

f:id:lavinla:20220110075156j:plain

 

そのほかでは、ITコンロが壊れて、触ってもいないのにスイッチが入ったり消えたりする状態に新年からなったことでしょうか。
真夜中でも昼間にもお構いなく、
ピッピッピ
って突如4日くらいなり続いていたので
流石に、頭が痛くなりました。

 

大学院が冬休みの間だけ、Netflix に再加入しました!
そこで、楽しかった番組を少し記録。

 

Netflix オリジナルでミニシリーズの
The Queen's Gambit 

話の展開も口説くないし、
衣装もカメラワーク、そして俳優の演技に引かれちゃう。

元孤児のベスは、チェスの天才児。
薬物依存と戦いながらも、世界一になるために、
人との関わり合いを大切に、生き抜いていくストーリー。

チェスを全く知らなかった私だけれど、
スリル感もあるし、ロマンス中心でもなく、とっても面白かった。

Bennyを演じてるイケメンがどこかで見たことあるなーーーって思っていたら、
Game of ThronesのJojen を演じてた俳優さんでした。

かっこいい

これを見終わった後に、同じ監督がこの作品の前に作っていた、
西部テーマのGodless を見たのですが、
似たキャストとストーリー構成だったかなーって。
でも、The Queen's Gambit の方が断然に総合的に良かったです!

 

Netflix オリジナル映画の、Marriage Story 

 

新婚にはきっと向かない話なんですが、
まぁ、簡単に言えば、
LA出身の妻、旦那の夢を叶えるためにNYCに移って生活している。
でも、子供が大きくなってきて、すれ違いが生じ始めて、妻はLAに戻ってきて生活をしたいとる。
離婚の過程を切実にドキュメントしていく物語。

いやぁ、最後の方にある、
Scarlett Johansson と Adam Driver のこのシーンは本当に圧巻。

ハッピーエンドなストーリーではないけれど、
人間の様々な感情を描いた作品でした!

というか、The House of Gucci でも活躍していた、Adam Driver に最近惹かれてます笑笑

 

さて、今年はどんな一年になるのかな。

f:id:lavinla:20220110091312j:plain

夫婦、一緒に頑張ってきます。

 

2021の締めはクッキング

クリスマスは、友達も来ないというので、J氏とクッキングして過ごしました。

f:id:lavinla:20211227181703j:plain

ビーフテンダーロインが売っていないというので、
彼は大きな牛ヒレを買ってきて、2人で捌いて、残りは冷凍。

 

イブは私が、朝からリクエストでフレンチトーストとロールケーキ作ってあげて。

f:id:lavinla:20211227181756j:plain  f:id:lavinla:20211227181753j:plain


なかなか、オーブンと材料が日本と違うので、思い通りにならない事も多いですが、
プロじゃないんだしね。
J氏は、リゾットを作ってくれました。
前回と違って、野菜が増えたのが大きな進歩かなって。
ま、まだしょっぱめなのですが笑

クリスマスプレゼントには、
私はバナナリパブリックのオーガニックコットンカーディガンをあげました。
いつも、仕事の延長で上着を着てるんで、シャレオツなのがきてほしくって。

J氏からは、
クッキングツールを大量にもらいました。

f:id:lavinla:20211227181659j:plain

ハンドミキサー(ケーキ作ってる時に切実に欲しかった), 
フードプロセッサー
ジューサー
そして、スタンディングミキサー(大きくてひたすら邪魔) 

リクエストがない私にクッキングツールは?って聞いてきた時に、
焼き菓子作っても食べる人いないからいらないと言ったのに、
むしろ自分が欲しかったのか、色々買ってくれました笑

日本から母が送ってくれたマフラーのプレゼントの上で寝るのが大好きだった猫。

f:id:lavinla:20211227181801j:plainf:id:lavinla:20211227181804j:plain

プレゼントがなくなった後には、あれぇええって顔をして座ってました笑

 

大学院も1ヶ月の休みとなり、
私は論文に向けて、さまざまな本や論文を読み始めています。
GREの単語もやりたくて、リストも作ったり。

 

2021年もあと残すところ数日となりました。

自分でも、今年たくさんのことが起こりすぎてて、びっくりです。

https://media.giphy.com/media/9nU0phm2h1rytlojW6/giphy.gif

遠距離恋愛、国際結婚、引っ越し、大学院。

 

結婚はやっぱり大きな変化だと思います。
2人の関係性も、
簡単に離れられない、解決策を見つけなきゃいけないようになりました。
一緒に過ごす時間が過ぎて、
たくさん共通のこと話して、笑うこともあれば、
やっぱりぶつかる事もたくさんあります。

育つ環境が違ったから、
たくさんの価値観や生活感が一緒ではなく、
イライラすることや、ため息がつくことも毎日あります。

軍あるあるなのですが、
アルコールでトラブルも起こっています。。。

 

私の過去のメンタルヘルスの関係と、
軍の病院での杜撰な、そして塩対応で、
コマンドスポンサーシップ(軍人の扶養家族が海外についてくるのを国が払ってくれるような特典)を取れずにいるため、
病院にもろくに行けずにいます。
予約が取れない(病院にくのに基本アメリカは予約が必要)、
もしくは軍じゃない病院行って、自腹で払って後で、保険に返金してもらうか(面倒。。。).

現在は、再申請のために、メンタルヘルスの診断をひっくり返そうとしています。
なので、心療内科にも行けない状態(悪影響になる可能性大だから)。
ま、何にしろ、軍は物事が進むのが亀より遅いのかって思うレベル。
効率が悪い。
なので、今さら日本の心療内科からカルテ取り寄せろと言ってきたり。
母に取りに行ってもらったけれど(それしか手順ない)、
超プライベートなこと書いてあるのに、
それを本人に一度も確認しようともしないで
カルテを母に渡してしまう病院(メールなし、電話のみのアナログクリニック)にもがっくり。

そのカルテを母にPDFにしてもらい送ってもらい、
改めて読んで読んで、逆に多方面から色々落ち込んで、
泣き崩れました。
目の周り内出血するレベルで。

そんなこんなで、
ミリタリーのパーティーもあったり、楽しい事もありますが、
毎日のように泣いていた、先週。

Face-to-faceで話す相手がいたらいいけれど、
ミリタリー家族と関係を作ってくのを躊躇いまくってる自分がいる。
自分がその色に染まりたくないって。

https://media.giphy.com/media/09sy5qiiW924WVWgBz/giphy.gif

 

Gymでは、ダンス系のエアロビ、ヨガやピラティスすらなくてズンバのみ。
行こうと思ったけれど、やはり気が乗らず、
最近始めたダンス/エアロアビ/コアなどのクラスが受けられるオンデマンドのwork-outビデオ。

これが結構楽しい。
ハイテンポなリズムで、いろんなクラス受けられて、
インストラクターも明るい。

今まで1人で音楽かけて、ワークアウトをしていたけれど、
やはりクラスを受けるっていいんですよね。

そんなこんなで、最近はコロナ前の体重、-3kgをに5月の卒業式までに戻すよう、
頑張ろうってやっています。

 

大変だけど、楽しいのはやはり
大学院, JHU。
自分の実力を、どの先生も評価してくれる。応援してくれる。
本当に入学できて、諦めないで続けて、よかったです。
今の私の生きがいです。

 

去年の最後のブログ。

"まだ、10代の頃から掲げてる、LAでの夢/希望はまだ叶えられてません
それに到達するまで、頑張って生き続けてみようかな。" 

 

これは、あながち変わっていない。
LAでしたいことは沢山ある。
結婚したから、自分の好きなようにはできないけれど、
信念保っていたらきっと、そのように行動してけるはず。

 

さてと。
来月はNY。
5月には卒業式で大学院生活終了の、永住権も取得します。
LAでの1ヶ月ぐらい過ごせるし。
PhDの受験も待っています。
少しでいいから前に進んで、自分をワクワクさせてくれることを考えて。

自我を保って生きていこうと思います。

 

今年の曲はこれかな!

They mistook my kindness for weaness. 
I fu*ked up, I know that, but Jesus 
Can't a girl just do the best she can? 
Catch a wave and take in the sweetness 
Think about it, the darkness, the deepeness 
All the things that make me who I am. 

 

今年一年、ありがとうございました!
また来年も、ぼちぼちブログ更新していくので、よかったら時々覗いでください。

 

秋学期終わり!

Fall Semester がとうとう終わりました!
3クラス受けていたので、忙しくパソコンにへばりついている日も多かったですが、
なんとかやり遂げました!

f:id:lavinla:20211221232841j:plain

いやぁ、今回は辛かった。
ってなことで、3つのクラスを軽くレビューしてみようかと思います。

 

一つ目のクラスは、Intro to Digital Humanities.

この、Digital Humanities, 通称DHは日本語でいうところの人文情報学。
日本ではまだあまり発達していない分野なのですが、
ここ数年でアメリカを含め英語圏では注目があたって来ている。

じゃあ、何をやるんだかっていうと、
実は、DH自体の意味はとても曖昧で、
コンピューターソフトウェアを使って、文系のリサーチやプロジェクトをやったらDHの分野に入ってきます。
最終的な作品は、よくある論文形式のものもあれば、
プロジェクトと呼ばれる展示をメインにしたもの。
なので、一概にこれがDHだっていう厳しい決まりはありません。

例えば、Voyantというソフトウェアを使ったテキスト分析。
物語でどのワードが多く出てきて、どのワードが何と繋がっているかなどを調べること。

次にあげられるのは、デジタル上での工芸品だったり、昔の文章の保存。
クラウドソーシングを使った文字起こしとか、コーディングとか。

私が気に入ったのは、Draphic Information System (GIS)、地理情報システム。
GISでは、地図上に人口や歴史の情報をレイヤーとして追加していって地図を作っていきます。
ファイナルでは、ArcGISという王道のソフトウェアを使って、下のようなインタラクティブな地図を色々作って、
それに文章を追加してStoryMapで紹介するというプロジェクトをしました。

f:id:lavinla:20211221224830p:plain

これでは、Redlining と呼ばれるGeographical discriminationの情報をもとに、
どこのエリア/人種が違ったようにCOVID-19の影響を受けているかなどなど。。。

 

コンピューターサイエンスをしたことがなかったので、未知の領域でしたが、
どんどん成長しているDHの様々な側面に触れられ、
今後の研究にぜひ役立てていきたいと思いました。

個人的に得意だったのは、Media & Gender 
すっごく簡略していうとなると、
メディアに女性/男性はどう映されるか分析するような。
例えば、
女性は露出が多く、物として扱われることが多い、
ナイーブな弱いキャラクターセッティングが好まれる。

メディアは、medium の複数形で、様々なマスメディアを意味します。
新聞、テレビ、ポッドキャスト、ストリーミングサービス、そしてソーシャルメディアとか。

いかにメディアが我々の生活に密着しているかを理解して、
情報がどのように作られて拡散されているかを見抜く力、メディアリテラシーを養っていきます。

メディアはPedagogical(教育的) でもあるし、Propaganda(プロパガンダ)。
ユートピアでもあるけれど、ディストピア。

無料のプロダクトには裏があって、ユーザーが商品になっている。
メディアが我々をコントロールするのに対して
どう自我を保つのかも考えさせられるクラスでした。

授業でも出てきたおすすめのドキュメンタリー/Ted talk の紹介。


2013年のTed talk, メディアリテラシー教育について。

これからの社会で、メディアリテラシーはもっと重要になってくると思います。
早期から、子供たちにこの力を育むのはとても大切かと


Miss Representation 
女性がメディアでどう映されて、女性像というものが作られていくかを描いたドキュメンタリー。

ディレクターは、映画制作者でもあり現在CA州知事の妻でもある、Jennifer Siebel Newsomさんによるもの。

 
Mickey Mouse Monopoly (YouTuebのはすごく画質悪いけれど。) 

このドキュメンタリーは、どうやってディズニーがメディアを支配して来たかを話しています。
例えば、
クラシックプリンセス(白雪姫/オーロラ姫)は、助けを待つ、自分では行動ができない、受け身な女性。
文化の盗用だったり、人種差別的な表現。
ポカホンタス、ピーターパンのネイティブアメリカン、ライオンキングのハイエナ、おしゃれキャットのチャイニーズキャットなどなど。
この映画は、作られたのが2001年なので、少し内容が古いところもありますが。

 

つい最近、J氏がムーランの曲を私が、力仕事してる時に歌って来たんです。

 だけど、女性蔑視しているように読み取れる曲なんですよね。
ムーランで根本的に問題なのは、女子は男性にならないと軍隊に入れない。
肉体的力強さがないと、真の人間として認められない。
そんなこと考えたことなかったJ氏。
"何で、男性に仮装して、Masculineにならないと認められないのか?!"って
勢いよく抗議を始めた私に驚いてました笑

最後におすすめなのは、Netflix でみれる The Social Dilemma
日本語タイトルはなんとも怖い、監視資本主義
なんか、英語の意味合いからずれてるような感じしますが。。。

ドキュメンタリーの内容は、
以下にソーシャルメディア (Google, FB, Instagram, Twitter, etc...)は、
人が依存になるようかに作られていて、
そして人のマインドまでコントロールしているかということを、
トップのテック会社で働いてきた第一人者が語るというの。

私は、既に知っている情報があったので、飽きる場面もあったけれど、
Social media の影響についての導入ならもってこいの映画です。

そして最後は、
Black Queer Hisotry という、
莫大な量のリーディングとアサインメントのクラス。
黒人のLGBTQ+の歴史を勉強していくのですが、
コアな歴史書を毎週一冊読みながらの論文何本かきて、
そして、回答に時間がかかる毎週あるディスカッション。

もうだめだ、無理ダァーーーって叫びながら、
なんとかやり切り、むしろその達成感笑

もちろん学びも多かったです。
黒人 × LGBTQ+ というアイデンティティーが重なると、
彼らの存在は社会から簡単に無視されてしまう。
偏見や差別の概念が、
彼らの歴史と経験を無視して、消されていく。

ググっても簡単に出てくるようなトピックでもないし、
複雑な内容ばかりでしたが、
知的能力にチャレンジしていくような感じでした。

最後のリサーチーペーパーの評価は100点で
"There is no surprise to me, but this project is outstanding."って
論文発表とか、パブリッシュするの考えな〜って
嬉しいコメントをいただけました。

読みたい人いたら連絡ください笑

 

残念なのが、JHUのgrading systemが変わって、A+がなくなったこと!!!
ま、結局のところ、AもA+もGPAのポイント数が4.00と変わらないのですが、
やっぱりトランスクリプトにA+って出る方がかっこいいのになー。

 

そんなこんなで、
来学期は、まさかの最終学期です!
あっという間だったーーーー。

なので、卒論のクラスと、その他2つクラスを受けます。

卒業と聞くと、待ちに待った、卒業式ですよ!!!!!
コロナで中止になって、参加できなかった学士の卒業式。
修士になってですが、ようやく帽子とガウンを被って、
ステージを歩くことができるのが楽しみで仕方ありません!

残念ながら大学院なので、みんな帽子をデコったり、友達がたくさんいるような雰囲気ではありませんが、
とにかく、名前を呼ばれて、ディプロマを受け取れるのが楽しみで仕方がない!

きっと来学期は来学期でチャレンジングだとは思いますが、
あっという間にもう5ヶ月。

全力で走り切りたいとおもます!

 

精神的には、ちょーアップサイダウンな生活をしています。
昨日は久々に号泣して、
目が真っ赤になって、目の周り内出血してるレベルです(いやただのバカ) 

https://media.giphy.com/media/Ph8OWoJA2M3eM/giphy.gif

ホリデーシーズンなのでJ氏の仕事もゆっくりで、
まぁ、コロナも広まることもあり、のんびりまた家で過ごしてます。

 

では、また!