Smiley Moments

Tokyo - U.S.

私はラッキーだったって言う時。

ちょっと前に、在米フォロワーさんで、
"自分のprivilege(特権)を無視して、
無責任に留学は素晴らしい、みんな海外に飛ぶべきって勧められないよねって"
ってツイートしてる方がいて、
確かになって。

 

留学は本人の努力あってこそだけれど、
家族の理解と財力(留学前の学習環境、準備、留学中の支援)はとても大きく関わってくるかと。

自分が留学できる、そして続けられる環境であったこと、
"私はラッキーだった"って括ることは簡単だけれど、
そのラッキーっていうのは、自分の生まれ持った特権でもあるんだよなって。
それをNormalize/一般的な感覚として持っているのは危ないと。

 

2020年のBlack Lives Matter運動から、特によく見かけるようになった、
White Privilegeっていう言葉。
簡単に言えば、
社会のシステムや歴史によって
白人の方は、生まれつきで沢山のアドバンテージを持っているということ。

例えば、白人はアフリカンアメリカンより断然に警察に捕まりにくい。
ローンを借りようとしたとき、家を売ろうとした時、白人は良いレートをもらえる。
白人の名前/話し方をしている方が、仕事の面接に辿りつきやすい。
上司や教師、クラスメイトのほとんどが同じ人種。
自分の肌の色のバンドエイド、お人形、おもちゃ、バレエのトーシューズなどがすぐに買える。。。などなど。

 

この動画では、
イギリスの子供たちが人種の特権についての質問を受けて、
前後に移動していきます。

質問は
"どこの出身か尋ねられた事がある" (アイデンティティーの所属に関しての聞かれる)

"親が人種差別について警告した" (白人の場合、意識する必要が少ない)

"英語が親の第一言語" (アメリカの場合は、正式な公用語が決められていませんが、英語が第一言語であれば、情報が集めやすかったり、仕事上の苦労が少なかったりします)など。

 

最後に子供たちは、
同じラインに立っていたはずなのに、同志の間に大きな違いがあることを目にします。

 

"え、私は人種差別者(Racist)じゃ無いよ、差別を意図的にはしてないよ" 
っていうのは、レッドフラグ。

一見、中立的に見えるかもしれないけれど、
誰にでもある、無意識の差別が自分の中にもあると意識せず、
自分の特権が相手にどのような影響を与えているか黙視している状態。
この意識が、制度化/社会のシステムに組み込まれた差別を助長している。

だから、Antiracist (人種差別反対)でいなきゃいけないんだって、
反人種差別運動家で有名な、ボストン大学の教授で歴史家のIbram X. Kendiは言います。

 

人種以外で考えれば、
性別、ジェンダー、年齢、障がい、社会の階級などと、色々と出てきます。

日本においてだって、
男女の格差は大きく残るし、政治家や著名人の失言も多々取り上げられる。

 

例えば、
"ただ、女性が理系に行く人が少ないんですよ." 
逆に考えれば、なぜ女性が少ないのか。
幼少期から、理系のものは男子向けに作られて、女子は文系のものを薦められる。
ドラマで、理系のインテリを演じるのは、基本的に男性俳優。
収入格差だったり、家庭との両立、仕事上でのサポートが少ないなど、
女性はまだまだ家庭とキャリアの両立がしにくい。

 

じゃあ、今日はなぜこの記事を書こうと思ったからは、
このツイートを昨日拝見したのがきっかけ。

引用リツイートにも書いたけれど、
都内出身で私立に通い、曽祖母の代から女子の教育を大切にする家庭で育った私。。
シングルマザーだったし、手術したりと色々あったけれど、
芸事に励んでいた幼少期も、留学したいと決めた時も、
叱咤激励ありつつ、
家族みんな温かく見守ってくれていたし、そのサポートは今でも続く。

でも、私の育ってきた感覚を当たり前だと思って、一般概念だと思うのは危険。

それを初めて身をもって実感したのは、
LAの私立大学から、公立大学に転校したとき(転校理由は色々あるので省きます)。

私立大学の時は、
ブランド品やアップル製品持っていたり、
カフェテリアで普通にご飯を食べているのが当たり前のせいとばか理。
一方、公立大学では働きながら通っている生徒が沢山。
10ドルの教科書でも直ぐには買えないから、
ライブラリーにある共有のを毎回読みにいっていたり、
コンピューターが家にないから、学校の貸し出し/共有のでライブラリーで勉強していたり。
カップラーメンすら買えないで、明日食べるものもないって言っている生徒もいた。

自分は、いつも直ぐに教育に必要なものは買えたし、
食事に困ったことも一回もなかった。

でも、生徒は必死で家族で初めて大学卒業する人になろうって、
upward mobility と呼ばれる、社会の地位上昇をするために学士を取ろうと一生懸命だった。

私は恵まれていた、
生まれつき特権を持っていて、
沢山の自由な選択肢を持てていたんだって実感しました。

 

そういえば、先週大好きなDancing With The Starsという、
芸能人とプロダンサーのカップルが、
毎週競い合う番組のシーズンファイナルでした。

今回注目していたのは、Daniel Durantという、ろう者の俳優さん。
一つのパフォーマンスでは、音楽を途中で消して踊っていました。
音楽かけて、ぜひ見てみてください。

いかに聴こえる私が音楽に頼って踊っているのか実感し、
逆に、音楽がないのに音のテンポや雰囲気に合わせて踊れている
彼自身の高い表現力とダンスのスキルにすごいなって。

(障がいがあっても踊れるのは凄いっていうシンプルな感想は、
障がいポルノの一種だと思ってるので)

 

じゃあ、結局今の私に何ができるっていうと、
自分の特権を理解し、
時にはその特権を使ってでも、他人のためにも声を上げること、行動をとること。

ここで書いていたら、偽善者と呼ばれてしまうかもしれないけれど、
博士号でやりたいことも、このトピックに関わっていて、
社会貢献をしていきたいと思うのには変わらない。

あとは、全てが当たり前だと思わないで、感謝を忘れない。
自分の目に見えないからって、問題がないとは限らないってことかな。

 

もちろん、宝くじが当たれば運がいいんだと思います。

だけれど、次に自分が"あ〜私は恵まれてる、運が良かった"って思った時に、
その裏にもしかして何かあるのかなって考える瞬間があれば、
世の中もう少し、他人を思いやれるんじゃないかなーって理想を書いて今日はおしまいです。

 

ブログに書いていることは私の意見であって、
それに対して賛否両論あると思います。

ただ、こういう見解もあるんだなって思ってもらえれば。

ではまた!

 

ベーカーになる毎日

最近ハマっているのが、
パン作り。

毎日のように、オーブンで何か作ってます。

 

一番気に入っているのが、ベーグル。
初めの2回はこの方のレシピを参考に。

つやピカ♪基本のベーグル【動画あり】 - れこれしぴ

弾力が強めで、
次の日までもっちりとしたいい感じに。

 

 

3回目は他のレシピを参考に。

美味しいベーグルのレシピ・作り方 | cotta column

ベーグルは本来は一回しか発酵しないとしり、
前のレシピと違って制作時間が少なく。

さっくりとした感じになり、
ベーグルお馴染みの縦割り切りができたんだけれど、
翌日は結構パサパサした感じになりました。

 

そして4回目は本場、ニューヨーカーによるレシピ。

Bagel Recipe | New York- Style Bagels Recipe - Sophisticated Gourmet

しかーしこのレシピはボツ。。。
水の量がとにかく多くて、ベットベト。
もう投げてこねるしかできず、
すっごく微妙な、ベーグルと言えないふわふわ系のベーグルになりました。。。

本場の人が考案してるはずなのに、
一番美味しくなかった笑

まぁ、モルトシロップがあったらもう少し風味が良くなるんだろうなーって。

 

他に作って好評だったのが、
ジンジャースナップ。

アメリカで、ホリデーシーズンに増えるのが、
ジンジャーやシナモン、スパイス系を使ったスイーツ。

来週のサンクスギビングでお馴染みなのはパンプキンパイで、
クリスマスでお馴染みなのは、
エッグノックっていう甘ーい飲み物や、
ジャンジャーブレッドクッキー。

今回は、さっくりとしたジンジャーパウダーと黒蜜を使った、
Gingersnap cookies 作りました。

 

カルダモンなくて、
半分量で作ったけれどすっごくいい感じにできて、
J氏も大絶賛。

焼き上がりは、
表面が柔らかいのですが、
冷ましていくと、しっかりと固まります。

ま、バターたくさん入れると、
美味しくなりますよね🤣

今週のポットラックにも持っていくことに。

 

アメリカのレシピサイトでいつも思うのが、
本当に必要なレシピに辿り着くまですっごくスクロールしなきゃいけないってこと。

日本だと、簡単な数行説明あって、
すぐに材料と手順を写真付きで入れるけれど、
アメリカの場合は、
まず、料理と自分の関係や思い出を書いて
写真入りで、こんな感じに作りまーすってコツをかく。
そして、質問に答えて、
最後の最後にレシピ。

日本のレシピに見慣れてる私は、
早くレシピ見せてーーーーーってなる😅

例えばこの人のブログは短めだけれど、
新たにレシピを探して、他の人と比べたい時は本当に面倒笑

 

 

そして、週末に作っていたのがピザ生地。

オットは冷蔵庫で低温発酵させるのが好きで
三日前くらいから放置していたけれど、
調べていたら、
家庭用冷蔵庫は温度差が開け閉めがあるためできて、
一定の温度を保てない、
また乾燥してしまうって見たので、
今回は私が生地を作ることに。

 

Netflixで食べ物系チャンネルよくみていて、
最近ハマっていたのが、The Chef's Show. 

The Chefっていう映画でシェフを演じていた
食べ物好きなアクターJon Favreauと
セレブシェフ Roy Choi がLAのレストランを訪ねて一緒に料理作る的な番組。

ピザのエピソードで訪れていたのが、
以前、私が住んでいた所の近くにあったピザ屋さん。
今回は彼のレシピとメソッドをオンラインで見つけたので、
フォローしてみることにしました!

 

面白かったのは、
まず、水と強力粉だけで捏ねて、
少し寝かしてからイーストと塩を加えたところ。

だけど、結構これが大変だった。
初めは水が少なくて、生地も硬いから力が要る。
そして、イーストを加えて、生地に馴染ませるのがすっごく大変。
べっちゃべっちゃになりながら、
これ本当に一つにまとまる????って半信半疑になりながら捏ね続けました。

彼のアドバイスでは、
機械を使うと摩擦で生地のクオリティーが下がって、
ムラもできるから、手でこねること。
そしてシンプルに、
素材の力だけで発酵をさせていくっていうところ。
だから、生地に入るのは
小麦、水、イースト、塩のみ。

今まで色々な生地を見てきたけれど、
家庭用のレシピでオリーブオイルや砂糖を入れないレシピの方が
逆に少ないんじゃないのかな。

トッピングはシンプルに、
シェフのアドバイスを聞いて
ソースは多め、
焼き切るちょっと前に取り出してチーズを乗っける。

彼のデモと比べると少し硬めの生地になっていたけれど、
しっかりと発酵は進んで、
さっくりとしたフランスパンに近い感じの
耳まで食べ応えのあるピザ生地。

 

フレッシュモッツァレラが韓国で売られているのは
全て輸入のプレ解凍してあるものなので、
水っぽく、ボロボロになりやすいんですが、
なんとか形になるマルゲリータができました!

 

今までは石の土台で焼いてたのですが、
スティールの土台も買って
試したら、結構満遍なく火が通って、底も綺麗に焼けて。

 

旦那が作るより(自分で作ったからかもだけど)、
美味しかったです笑

やっぱり、具がたっくさんのってるアメリカンピザより、
生地が美味しくて、シンプルな素材のイタリアンピザが好き〜。

それで、
インスタグラムにシェフのアカウントをメンションしたら、
彼からもLikeとコメント返しをくれて、さらにはフォローまでしてくれて!

LAに帰ったらぜひ彼のお店に行ってみたい。

彼の本も買ってみて、
ぜひサワーブレッドのスターターも作ってみたいな😁

 

そんな感じで、オーブンとお友達の最近です。

では、また!

3年目、オットの誕生日

先週はオット、33歳での誕生日でした。

 

彼の誕生日を祝うのは3回目。

彼が30歳の誕生日手前であったので、
2年丸々一緒なのかーって思うと、感慨深いです。

さて、今年は何あげたかと言うと、
猫のワイングラス、
猫のスマホスタンド。
この二つはすでに届いた時に渡していたので、
追加で、10のあなたのことっていうムーミンのメッセージブックを当日にあげました。

 

当日は何したかと言うと、
土曜日だったので2人で韓国スーパーに行ってステーキを買いました。
家に帰ってきて、
私はスポンジケーキを焼いて誕生日ケーキ作り。

スポンジケーキは試作を数日前に作っていたけれど、
他のバターを入れるレシピで作ってみようとしたら、
膨らまないし、ベットベト。
白砂糖が切れちゃって、黒糖で焼いたからかなぁ〜って思い、
気に食わないのでもう一回他のレシピで焼いたら、結構美味くできました。

ちなみに普通のケーキ型がなかったから、
シフォン型で作ったので、
真ん中の穴に、1回目の膨らまなかったスポンジをつけてデコレーション🤣

イチゴはちょー高額だし、ケーキに入れて映えるフルーツが売ってないので、
冷凍ブルーベリー、花形バナナ、そしてハートのシュガーフレークをかけて。

100均のクリーム絞りはクオリティー悪くて、
全然美味く絞れず笑

ま、ご愛嬌ってことで、粗探しはなしのケーキ完成。
オット氏は地味に喜んでいました。

 

部屋のデコレーションには、
日本の百均で買ってきた、バルーンを膨らませました。

ディナーでは、
高めのお肉を焼いて、
ソース作って、
クスクス作って、
野菜をグリル。

 

東京のように便利なところに住んでいないので
美味しいレストランはないし、
十分に満足できる食料が手に入れられませんが、
おうちでまったりと、誕生日ディナーとなりました。

 

翌日は、一年ぶりくらいに家から20分ほど運転してある大きなモールに行ってきました。
1ヶ月以上ぶりの遠出。

洋服や雑貨屋さんをうろうろして、
ワイン屋さんで2人で目新しいの購入。
ランチはフードコートで、
J氏はチキン食べて、私はベーカリーで美味しいクリームパン。
その後は、ポールバセットで、
カプチーノと、ピスタチオソフトが乗ったオートミルクラテ。

 

最後は地下にあるコストコ見たいなお店で、
とうとうモッツァレラチーズ見つけて、帰宅。

数時間でしたが、いつもと違うことをして気分転換となりました。

だけど、
大切に食べようと少しずつ食べた始めてたモッツァレラ、
酔っ払ったJ氏がおにぎりみたいにして食べ切って
ショックでした。

こんなことばっかなんですよね。

買い物で欲しいものあるー?って聞いてるのに
何もないと言って、
結局酔っ払ったら、
私の楽しみにしていたアイスクリームとか1人で食べ切っていたり。

 

 

 

最近は暇なので料理ばっかしてます。
シナモンロール、シフォンケーキ、プレッツェル、パンプキンパン。
りんごジャムとかも自家製のを作ってます。

 

また、手芸をしようとアマゾンから刺繍キットが送られてきたので、
それに時間を費やす毎日です。

それ以外にいえるとしたら、
完全にDepressionになっています。

窓を開けると、こんなPM2.5の空気が毎日。

まともに、外にも散歩も行けないし、
話す人1人いない生活。
コンビニ行っても、
何言われてるかわからないから、一言も発しないし。

かといって、引きこもって、やることもあるわけじゃなくて、
一日中、Netflix やYoutube みて時間が過ぎるのを待つだけ。

励ましメッセージもらったり(ありがたいです)、
旦那は幸せねって言われたり、
旦那には、僕がいるじゃんって言われるんだけれど、
結局、私自身に生きがいがないのは辛いですよね。

 

 

そんな感じで、どんよりな毎日です。