Smiley Moments

Tokyo - LA - Next...Korea?

ハリウッドに加わる、新たなアジア人キャラクター

ハリウッドで製作されてくテレビや映画での、アジア人の役の少なさや偏りは以前から問題。

アジア人はモデルマイノリティーという、”勤勉、働き者、真面目”と言った差別をベースとして生まれた概念のキャラクターがダントツ多い。

学園ものだと、数学ができて、ディベートクラブに入って、恋愛より勉学に励みまくっている役。
大人だと、法律家、医者、IT企業、お金持ち。
もしくは、反対に、Heroesでお馴染みのHiro Nakamuraのようにオタク系だったり、なまりを使って移民感が強いローカルスーパーで働く役とか。
また、その概念をジョークで扱われることが多くあるため、逆に当たり前にされてしまっている。

f:id:lavinla:20200806054626j:plain

ホワイトウォッシングと言って、アジア人であるべき役を白人が演じてしまうことも多い。
Ghost in the shell (攻殻機動隊)で、日本人役を演じた、スカーレットジョハンソン
Alohaで、ハーフチャイニーズとハワイアンの役を演じたエマストーンなどなど。

この問題をネタとして、サンドラオーがゴールデングローブ賞でジョークをかましてたのすごく覚えてるw 

 
しかしながら、ここ数年はようやくアジア人の多様性がハリウッドでもどんどんみられるようになっている。

f:id:lavinla:20200806054631p:plain
以前、記事で書いたようにCrazy Rich Asians は大ヒットして、アジア人がメインの作品でもヒットすると証明した。
ラブコメ映画、過去10年でトップの収入を獲得したと。
去年のクリスマス映画、Last Christmasでは、Henry Golding が相手役。
アジア人が、かっこいいなーって思える恋愛対象的な存在にもなってきている。 

私の世代で、アジア人のコメディーキャラの先駆けは
ディズニーチャンネル”スイートライフ”のロンドンかな。

f:id:lavinla:20200806055636j:plain
お金持ちのわがままな娘で、常識外れだしわがまま。
だけれど、いつも笑いの中心だし、ファッショニスタで可愛くて、嫌いになれない存在。

アジア人のティーンアクターで成功した数少ない一人。私もティーンの時に"アジア人なのに、メインキャストだ"って嬉しかったの覚えてる。

しかしながら、Crazy Rich Asianのキャスティングには、彼女は"Too Whitewashed"、アジア人感が薄いからと言われ外されてしまっていた。


けれど、ここからまた一歩進んで、過去のアジア人のステレオタイプを完全に外した、おもしろキャラも現れてきた。
例えば、頭の良くない、でも愛されるDude/ Broのキャラクター。
サーファーだったり、スニーカーにお金かけるような、都会の型にはまらないような男子。
パリピって感じが一番日本語に合うかな。
ちょっと風変わりな行動して、引かれるような感じだけれど、最終的には目が離せなくってハグしたくなるような存在。
雰囲気で例えであるなら、フルハウスのキミーかな。

超人気シリーズ、The Good Place
4人の死んでしまった人間が、”good place(天国)”に生けるように、自己探究に励み、良い人間になろうと哲学を学んだり切磋琢磨する、すっごく面白いコメディ。
メインの一人は、Jason Mendoza

フィリピン系アジア人で、フロリダ出身の人気のないDJで、ドラッグを大学生に売ってお金を稼いでたジェイソン。
間違って、沈黙を保つ僧として天国に来てしまう。
フットボール選手のJacksonville Jaguarsが大好きで、ペンギンは不思議な動物だと考える。
子供まがいのすっとんきょうな行動するし、無知なキャラクター。
だけど、いつもポジティブで、エピソードで欠かせない存在。


もう一つが、最近見ているコメディー、Singel Parents.
シングルの親たちが育児と恋愛に奮闘してくシリーズ。
一番若い20代のシングルファザー、Miggyはコリアンアメリカン。
タトゥーが腕にあって、野球帽を反対にかぶっているようなパパ。
仕事をろくに持ってなくて、ワインを栓抜きで開けられない、話がすっとんでるいわゆるダメ男。
だけれど、ただ弱いわけでも、オタクなわけでもなく、一生懸命に子育てと自分探しをやってる。


子供に一番好かれちゃうような愛嬌に惹かれて、
他のシングルペアレントが助けを貸していき、視聴者も応援したくなるようなキャラクター。

どちらのキャラクターも、アジア人の生活の多様さをドラマにもたらしてる。
アジア人で合っても、とっても頭良くてIvyリーグに行かず、むしろチャラ男みたいに生きてる人もいる。
でも、ただ、放浪というか意味もなしに生きてるわけじゃなく、なんだかんだ自分で道を切り開こうとしてる。

これからもっと、ステレオタイプにかかわらず、ハリウッドでのアジア人の活躍が楽しみ。
アジア人だから、"こうっ"ていうキャラクターが減って、もっと人間味の溢れたいろんな色のキャラクターが増えたらな。

ディズニーの新作映画、ムーランもDisney +で公開させると発表された昨日。
ムーランは、元々アジアの文化を間違って描いていたり、ステレオタイプを植え付けてるなど、物議をかもしてた作品。
現代用に、いかに工夫を凝らしたのかは見てみたいけれど。。。
ヒロインのリウ・イーフェイはちょっと前に香港警察を指示するという書き込みをSNSにしていた。。。
そんなこともありなので、機会があったら見る程度でいいかなぁ。。。

最近読んでた本やアーティクルで紹介されてた“Reel Inequality: Hollywood Actors and Racism”っていう本が読んでみたいけれど、$20もして値段が高い。
うーん、どうしよう、っていっつもアマゾンのページで悩んでる私でした笑

では、また!

https://media.giphy.com/media/3ohs80ubv3iyojPquY/giphy.gif

読者登録、いいね、コメントなどしていただけると、嬉しいです☆
  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ