Smiley Moments

Tokyo - LA - Next...Korea?

やはり、あのX-masプレゼントをもらう

さて、噂のクリスマス。

彼氏と過ごすという、日本定番のことを人生で初めて経験した私です。
その現実がSurreal(なんていうのかな、現実とかけ離れてて)で私ですら笑えてくるw  

ディナーは二人で作りましたが、彼レシピなのでゴテゴテの脂っこい料理でした。

f:id:lavinla:20201226081336j:image

すっごい大きなフィレミニョンを買ってきていて、それを焼いて、
ニンジンのグラッセ、
バターソテーのアスパラ、
ダックファットで揚げ焼きポテトに、
スタッフィング。

あ、ちなみに私、6年間ほど完全ベジタリアンでしたが、彼氏くんといる時は妥協してます
カリフォルニアとかニューヨークに住まない限り無理だと思うし。

 

私は、ハートのロールケーキを作って持って行きました。
出来栄えにびっくりしたようで、
売り物レベルだと後ですっごく褒めてくれました。

f:id:lavinla:20201226013205j:image

いや、ゲスト来てる、食べてる時に言ってよ。
好きじゃなかったのかと思ったよ。。。汗

 

そして、翌日はクリスマスプレゼンをの開封。
彼は、チョコと、ベースのTシャツ、
そして。。。
東京のフライトツアーの予約券をくれました。
ベースの関係者だけ買える/体験できるチケット。
桜が綺麗な頃に行こうと。

くれるとおもったんだよねぇぇえええ

こんなロマンチックなギフトに敵うもんないじゃん!!

っていうか、結構高いし(自分がそこまでお金かけなくていいよって言ってきたくせに)。

まぁいいや、J氏相当年上だし。
"I'm your present"ッてキザイこと言い返しておいたし。
(いや、二人で爆笑しました) 

 

私からのクリスマスカードを開けて、目の前で大声で読もうとしてるので、私が赤面してやめろーって叫んでると、
Thank youって言ってキスしてきたのは、反則です。

f:id:lavinla:20201225213525j:plain
いや、こんなセクシーなカップルでは有りませんw 

ミリタリーの決まりで大きな外出禁止なので、家の近く散歩したり、Game of thrones みたり。
特にスペシャルなことはしませんでしたが、J氏の家族のGoogleミーティングにまた参加しました。
双子の弟君は、COVIDから回復中。
なので、まだ顔色が悪そうでした。
とにかく、彼の家族はみんないい関係を保っていて、
いかにもHallmark movieに出てきそうな仲良しさww

 

あ、でも、恋愛/将来について特には進歩なし。。。
いやぁ、いつLOVEを語ってくるんですかね。
私が言うのを待ってるんですかね?
100%言われるのを待ってますがね。
いやぁ、来月の出張までに言ってくれなかったら、ちょっと考えますよね。
3ヶ月経つし。
次のアサインメントで発つまでに、どれくらい進むのでしょう。。。

 

前日に塾で小学生の生徒に教えていたら、
クリスマスに何をするのか聞かれて、彼氏と過ごすと教えたら、
"先生、幸せだねー!”
"え、アメリカ人なら、じゃあ、全部英語なの?" 
ってかわいい回答をいただきましたw 

J氏にそれを伝えると、
"Show today's photos and teach how to make love haha" 
って言ってきましたがwww 
*make loveは、上で話してるloveとは違う意味ですよw

 

でも正直、Scared of being happy. 
幸せなのが逆に怖い。

何か、悪いことが待っているのではないか、
自分が好きになってケアするものを失った時に、傷つくのが怖い。
英語では、Cherophobia、日本語では幸せ恐怖症とも呼ばれるようです。

f:id:lavinla:20201224083159j:plain

シンプルに楽しめばいいじゃん、年齢相応のキャピキャピ感がないって
昔から言われるんですが、難しい。
ま、その小難しい、実年齢より20歳くらい年取った冷静さが
私の性格なのだと思いますがw 

そんなこと言ったら、
You are pessimistic
ってJ氏に笑われましたw 
うるさいw 

That's Who I Am なのです。

 

ま、過去の古傷は簡単には無くならない。
むしろ、消えないでそれをどう、トリートメントしていくかなんだよなって最近感じます。

私が若い頃にもらった、手術の傷であったとしても完全には消えないし。
ずっと、タトゥーを入れたいんですがね。
なかなか、家族からいい顔をされません。
完全にいつか、日本国外に永住ができる状況ができたら、タトゥーは自分のお金で入れたいなとは考えてますが。
むしろ、その傷を見てもっとハッピーになれるようになりたいなって。
アメリカでは、よく傷跡をカバーするタトゥーをしてる人もいるし。
これとか、綺麗なの多いのです。ーリンク

親不孝もの、身体に傷を入れるなんて、とも言われる日本の背景もよくわかる。
でも、私の場合は、好き嫌い構わずすでに傷跡あるんですがっ
その傷跡をプリティーにしちゃいけないんですかって
自信持って言い返せますよ。
ふふふ。

f:id:lavinla:20201226083033j:plain

こんなタトゥー欲しいって、何千回も言ってるけど、
私の傷って縦だから無理なんだよなぁー。
J氏には、日本列島になるんじゃん?ってw
なんでそんなダサいもの、permanent で入れるねん!

第一、親から授かった身体を大切にするのだと言うのなら、タバコ吸う、アルコール飲むのなどのそーいう身近なものから改善が大切だと思う。。。
結局は法の中で好きなこと、人生は一回なのだと思ってやるのがいいかと。
後悔しないくらいの、決心がある場合ならですが。

話はそれましたが、とにかく、不思議な/複雑な私です。

幸せと笑顔が多くなるよう、
後数日の2020を生き延びます!

ではまた!

https://media.giphy.com/media/xUySTVNHpdACknfKuc/giphy.gif

読者登録、いいね、コメントなどしていただけると、嬉しいです☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ